手打ちうどん教室【1】大野田小

武蔵野地粉うどんプロジェクトの一環、手打ちうどん教室の講師として武蔵境ささいの笹井店長と、三鷹市役所前増田屋の若旦那渡辺クンとともに今年も行ってきました。

本日は、これで3年目になる武蔵野市立大野田小学校です。
6年生3クラスの生徒達に手打ち武蔵野地粉うどんの体験学習。

我々がお店で打っている麺と同じ材料を使います。
白い方は埼玉産の小麦粉、茶色い粉は武蔵野市内産の全粒粉です。
画像


小麦粉は(埼玉産9:全粒粉1)の割合で400㌘
8%の塩水を、今日は208ccの分量で。


何よりありがたいのは、道具が揃っていること。
麺棒・こま板・麺切り包丁があるおかげで、教えるのに大変助かっています。
画像



さて1時間目より開始です、子供達には早速作業に取り掛かってもらい、手を動かしながら説明をしていきます。
画像

画像

画像


水回しから、こねの作業。
画像

画像

画像


足踏みから、のし・切りの作業。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


完成したうどんを茹でて盛付けます。
画像

画像

画像

画像

画像


子供達は今年も粉だらけになって頑張ってくれました。
みんなで作った手打ち武蔵野地粉うどんの味は格別だったでしょう。



さて、お店の話題をひとつ。

昨年開催した「武蔵野地粉うどんレシピコンテスト」において、グランプリを受賞した作品『武蔵野ブラック』がいよいよ商品化発売。

3月より販売開始予定。
画像


当店でも販売をいたします。
ぜひどうぞ!


大むら店主。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント