手作りの地粉うどん

先日紹介した
おいしい笑顔をママにあげよう
『武蔵野地粉うどん作りに父子で挑戦!』

参加いただいた10組の父子コンビで手打ちうどんに挑戦してもらいました。

その模様をご紹介します。

画像



心配そうに見守るお母さんを横に、お父さんと子供たちはうどん粉と奮闘。


私が最初のこね鉢で水回しから足踏みまで行程を教えさせてもらい、後半ののし切りとつけ汁作りは商工会議所の小尾氏による講義と指導によって、みんなで手作りの武蔵野地粉うどんに挑戦です。


画像



これまでにも手打ち教室の指導をされていた小尾氏は、さすがに手馴れた所作で講義が進行していきます。


画像



こちらはJA武蔵野新鮮館より提供してもらった小松菜や大根、ネギを使ってうどんと一緒に食べる「糧(かて)」作りをするお父さん達。


画像



うどんが太かったり細かったりするのが、手作り感たっぷりの演出。


画像



お父さんがゆで揚げてうどんを盛り付け、子供達が最後の仕上げに入ります


画像



うどんの脇に糧の野菜を盛り付けて、豚肉とネギ入りのつけ汁をお椀によそったら、武蔵野地粉うどんの完成です。


画像



不安そうに見守っていたお母さんも一緒に食べてもらいました。

大半の方が手打ちうどん初挑戦でしたが、一生懸命に作ったうどんのお味は格別だったに違いありません。

「いつもありがとう」と出来上がったうどんを手渡されて、美味しそうに食べるお母さんの笑顔が、頑張った子供達とお父さんへのお返しのプレゼントになり、手打ちうどん教室の幕が閉じました。


大変楽しい教室になって良かったです、へたくそな講師ですいませんでした。。

参加していただいたご家族、主催のサンケイリビング武蔵野の皆さんとご協力いただいた大勢の方々、そして商工会議所の小尾さん、大変お疲れ様でした、皆さんありがとうございました。


大むら店主。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント