そば脱穀

武三チームのそば畑は先週刈り取ったばかり、例年であれば2~3週間吊るして干しておくのですが、今年は鹿害がひどいし来週は脱穀機をお借りする両角氏の都合が悪く、まだ乾燥が足りていないのですが本日脱穀してきました。
画像


2週連続の作業なため、参加人員が少なく私と三鷹中原増田屋の渡辺君の他、助っ人で小金井の松野君の三名でのお仕事。
画像

画像



昨日少々雨が降ったとのことで、少し日光にあててから作業した方が良かろうと、お忙しい中早朝より機材を畑まで運んでいただいた両角氏から連絡があり、我々は九時半頃から畑へ。

この脱穀機と唐箕を使っての作業は三年目ですので、監督の両角氏が途中からいませんでしたがなんとか仕事になってました。
画像


作業中の写真が撮るヒマなく・・・
画像


画像


二時間半ほど黙々と作業をして終了。
画像


豊作であれば玄そばで100㎏の収穫があってもよい広さの畑ですが、今回の収穫は・・・

約20㎏くらいかな・・・・・

残念ですが、鹿にほとんど食べられてしまいました。


昨夜も、仕事を終えて東京を発ったのがすでに深夜一時、向こうに到着したのが三時をとうに過ぎたころでしたが、畑の先の街道が山道にさしかかると沿道には鹿がぞろぞろと・・・

ごく短い区間で10数頭はいましたね、深夜の天然サファリパーク状態、あれを見ると畑の惨状も納得がいくほどです、来年は対策をしないといけないでしょう。


ともあれ収穫した玄そばを東京へ持ち帰り、もう一度シートの上に広げて数日の間干してから、製粉業者に委託して殻を剥いてもらうことになります。
そばがらを取り除いて「ぬき実」の状態にすると重量は半減しますので、今年はそば粉になるのはよくて10㎏弱しかないですね、みんなで恒例の試食会をして無くなってしまいそうです。

くやしい結果でしたが、少ないながらも蕎麦の味は後日報告いたします。

画像

快晴の中、高原の空気とそばがらまみれと、仕事の後のビールは美味いのです。


大むら店主。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック